カタカムナ 


●言葉を構成する音の数霊をすべて足し、48音の数霊の意味を見る。

●最終的には答えの数字を更に足して一桁にする。

●言葉は、出てきたこれらすべての数霊の意味を矛盾なく持っている


ユメ(夢) →37+10=47(→引き離れたモノ) →4+7=11(→引き寄るモノ) →1+1=(→増えたり、減ったりするモノ=振動するモノ)

とは → 引き離れたものが、引き寄り、振動するモノ


48音以上になる場合は、一桁にした数字を見る。

シネン(思念) →23+46+48=117 →1+1+7=9(テ→発信放射するモノ)


●「」は「そのモノ」と読み解く

ホシ(星) →47+23=70(調和そのモノ)

カミナリ(雷) →25+3+14+8=50 (伝わるものそのモノ=電気のコト)


濁音は引き算(マイナス)にする

ドア →-17+18=1(根源から出る・入るトコロ)

ボール →-47+12=-35(「-ケ」→ 放出されるモノ) マイナスは受け身的に理解する


吉野信子先生のホームページ

Categories