これからの生き方・働き方 1

先ずは素直に「はい」と言え。

何のためにやるか。学校の教科書にはそれが説明されていたが、大人の社会ではそれをいちいち説明しない。言ってもわからないから。会社の上の立場にいる人は遠くが見通せる。一階や地下にいる人には見えない風景を見ている。遠くまで風景が見えない人に、それを説明できない。だから見えていない人は、はいと言ってやっているうちに、その動きの意味がだんだんわかってくる。そうやって自分で繋げていくもの。でも、学生さんは教科書に頼る癖が抜けず、「何のためにやるんですか」と聞きたがる。今のように変化が激しい時代、経営者だってナビゲーションを失う。やってみなければ分からないからやるしかない。いちいち上司に「なぜ」を聞く社員は、仕事がもらえなくなってゆく。これが大人の社会であり、これが正しいものの見方。小学校の時期に皆「なぜ、何」の時期がある。大人でさえわからない世界で企業は勝負している。伸びている会社はそうです。会長ですら答えが分からないところにチャレンジしてゆく。会社の上司は部下がする仕事の結果の責任を負うのが仕事。部下の役割は、「はい」と言って上司に求められる仕事をすること。


Source: 大愚道場

仕事がうまくいかなくて悩んでいる人へのヒント

Categories